PC-oita

大分高城

NASの導入 ~自社

NASの導入 ~自社

NASの導入  ~自社

今日は、少し自分の時間が出来たので、自社用のバックアップシステム構築の準備をしました。

ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage)の導入です。(今頃ですが、、、(^-^; )

略して、NAS(ナス)と呼びます。
パソコン業界でのナスは、「茄子」ではありません。(^-^;

NASとは、ネットワークに接続して使用する補助記憶装置で、コントローラーとHDDやSSDで構成されるデータ保存専用のコンピューターです。

今回は、TERA MASTER F2-210 と Seagate 4TBx2台で構成する事にしました。

ハードディスク 4TBを2台装着します。

ネットワーク上に接続し、パソコンから設定開始です。

今回は、RAID1(ミラー)にして、データ保護を強化します。

RAID1の場合は、2台のHDDに同じ情報が保存されるため、一台壊れてもデータを消失する確率が減ります。

スピード重視の場合は、RAID0(ストライプ)にすると高速化が図れます。
ただし、HDDが1台壊れるとデータ修復は困難となります。

無事に設置、設定が完了です。

これから、現在のパソコンデータを整理しながら、データを保存していきます。
(整理できるか自身ありませんが、、、)