PC-oita

大分高城

Lavie LS150/S 起動不能 ~大分市内

Lavie LS150/S 起動不能 ~大分市内

Lavie LS150/S 起動不能 ~大分市内

パソコンを起動したら、青い画面(PC用語でブルースクリーンと言います)になって、パソコンが全く使えない!?

と、某企業様より持ち込まれました。

このモードは、システム起動ファイルの破損(欠落)か、ハードディスクの故障が考えられます。

・分解して、ハートディスクを点検したところ正常であることが確認できました。
データも読み取れる状態でした。

・システム起動ファイルの破損が濃厚です。
  パソコンは、電源を入れたら数百の情報(データファイル)を読み取って起動するのですが、その情報が欠落すると正常に起動できなくなります。
その原因は様々ありますが、
-OSのアップデート中に情報が正しくダウンロードできなかった。
-OSのバグ
-強制的に電源を切った。等々

今回は、修復時の写真有りませんが
DOSコマンドで修復を行います。
>cd /d b:\efi\microsoft\boot
>ren bcd bcd.bak
>bootrec /rebuild
>bootrec /fixboot
>bcdboot c:\windows /l ja-JP

の様な、コマンドを打ち込み、数回再起動を行い、修復できました。

正常起動確認できた後、ウィルスやアドウェア等の簡易チェックを行ってみました。

本パソコンから、67個のアドウェアが発見されましたので、削除です。
(今回不具合は、この67個のアドウェアが原因ではありません)

アドウェアとは、
パソコン起動後、勝手に広告を表示させたり、パソコン内の情報を抜いたりするソフトです。
表示される分には良いのですが、表示されず勝手に処理していることもあるので注意が必要です。
メールの添付ファイルや、インターネットでアプリをダウンロードしたり、閲覧クリックしたりすると取り込まれることがあります。
動作が極端に遅くなったりすることも在ります。

セキュリティソフトを入れていても検出できない場合も有りますので注意しましょう。

・怪しいメールの添付ファイルやリンクを開かない
・怪しいサイト(ホームページ)や野心を擽るような広告サイトを閲覧しない、クリックしない。
この2つだけでも気にしておけば、大抵は防げます。

では、楽しいパソコン、便利なパソコンライフを。。。!!